• ホーム
  • 蔵書検索
  • 新しい本
  • おすすめ本
  • 雑誌・新聞一覧
  • 利用案内
  • 施設案内
  • 広域利用案内

位置情報

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. お知らせ詳細

ここから本文です。

お知らせ

2019年7月31日更新
恐竜「デイノケイルス」のほぼ実物大の前あし骨格模型を図書館内に展示しています

日高市立図書館では、夏休み期間中に、恐竜に関する本の展示や令和元年9月1日に開催する恐竜博士である国立科学博物館標本資料センター・コレクションディレクターの真鍋真さんによるイベントのPRとして、恐竜「デイノケイルス」のほぼ実物大(約2.4メートル)の前あし骨格模型を、木や新聞紙などの廃材を使って職員が製作しました。
館内児童コーナーに展示しています。
ほぼ実物大の恐竜の迫力を、感じてみませんか。
※デイノケイルスは、1965年に長く巨大な腕の化石のみが発見された当初は、謎が多い恐竜でしたが、2006年と2009年に全身が見つかり、ようやく全貌がわかってきました。獣脚類の中では、最も体高(約5メートル)の高い大きな恐竜です。
なお、令和元年9月1日に開催するイベント『恐竜博士がやってくる!「恐竜博2019」+「かがくのとも」=最新恐竜学』は、下記のリンクをクリックしてください。8月3日の土曜日、午前9時から申込受付を行います。

図書館職員が製作した恐竜「デイノケイルス」のほぼ実物大の前足骨格模型を展示しています
館内に展示している恐竜「デイノケイルス」の前あし骨格模型と図書館スタッフ

図書館職員が製作した恐竜「デイノケイルス」のほぼ実物大の前足骨格模型を見つめるご利用者
館内に展示している恐竜「デイノケイルス」の前あし骨格模型を見上げるご利用者

ページトップへ