• ホーム
  • 蔵書検索
  • 新しい本
  • おすすめ本
  • 雑誌・新聞一覧
  • 利用案内
  • 施設案内
  • 広域利用案内

位置情報

  1. ホーム
  2. 今月のテーマ展示

ここから本文です。

今月のテーマ展示

2018年3月26日更新
4月2日の「世界自閉症啓発デー」にあわせた発達障がい関連本の展示・貸出(2018年3月27日から4月22日まで)  重要

 4月2日は世界自閉症啓発デー、4月2日から8日は「発達障がい啓発週間」です。
 日高市立図書館では、発達障がい児を支援する会として活動されている「快サークルコロネット」の皆さんとともに、発達障がい関連本の展示及び貸し出しを4月22日の日曜日まで行っています。
 発達障がいは、自閉症やアスペルガー症候群など、脳機能の発達に関する障がいです。コミュニケーションをとることや対人関係を築くのが苦手で、その行動や態度から「自分勝手」「変わった人」「困った人」などと誤解を受けることも少なくありません。
 日々の生活の中で困難なことや苦手なことは一人一人違いますが、それぞれの特性に応じて配慮したり、支援したりすることで、発達障がいのある人やそのご家族が生活しやすくなります。
 自閉症をはじめとした発達障がいについて、ご理解とご配慮をお願いします。
 また、4月15日の日曜日、午前10時から図書館のある日高市生涯学習センターで、ドキュメンタリー映画「幸せの太鼓を響かせて」(106分)の映画上映後、発達障がいについて意見交換を行います。映画鑑賞のみの参加もできますので、ぜひご参加ください。
 なお、高麗郷古民家では、自閉症の啓発のため毎年4月2日の国連が定めた世界自閉症啓発デーに世界中でランドマークのブルーライトアップが行われていることから、3月31日の土曜日、午後6時15分(予定)からブルーライトアップを行います。ぜひご参加ください。
※日中も発達障がいの啓発に関するイベントを行います。


4月2日の「世界自閉症啓発デー」に合わせた発達障がい関連本の展示・貸出

ページトップへ